トップイメージ

着物、和服、呉服

和服は、和の服、日本の衣服という意味で、これは明治時代に洋服に対して生まれた語であると言われています。

着物(きもの)は、本来は単に着る物を表す誤で、洋服でも和服でも着物と呼ばれていました。明治時代以降に洋服を着る人が増えたために、着物という言葉が和服や呉服を指している場合も多い。世代や地域にうよって、言葉の受け取り方が違うようです。

呉服は、元々は絹製品を呉服、綿製品は太物(ふともの)と言い、昔は扱う店も別であったそうです。また、和服を扱う店は呉服屋と呼ばれることが多くあります。

 

着物とKIMOMO

英語圏の人にもKimonoというと「和服」のことを差しているとうことは概ね理解されます。
ただ、日本の和服だけではなく、中国、韓国、その他東南アジア諸国の民族衣装をはじめ、前合わせ式の服全般を広く指す場合も多いようです。

最新情報

おすすめリンク

ベースの初心者

耳鳴り治療法

中国語の発音、中国語講座

職場の人間関係

相続手続き

 

Copyright (C) kimonono-yakata.com All Rights Reserved.